LIFE LOG(とまログ)

とま's SELECT

20歳ガジェット好きのとまが偏愛アイテムを紹介していくよ!

人間関係のストレスを減らすには、「ぶっちゃける」ことが大事という話

スポンサーリンク

f:id:books-review21:20180328011152j:plain

 

人間関係はジョハリの窓を広げれば楽になる

今回は人間関係で生じるストレスを軽減させるテクニックをご紹介します。

ジョハリの窓という言葉をご存知でしょうか?

企業や学校の自己分析などでも広く取り入れられているので、知っている人も多いかもしれませんが、今回は一般的に知られているほうの自己分析のやり方ではなく、ストレスを軽減させるためのジョハリの窓の広げ方を説明していきます。

 

 

 

ジョハリの窓とはなんぞや」って人のために説明

ジョハリの窓は、アメリカの二人の心理学者が開発した理論で、自分の性格を4つの窓に分類したものです。

この4つの窓を簡単に説明すると、

 

  1. 開放の窓=自分も他人も気づいている自分の性格
  2. 盲点の窓=自分は気づいていないが、他人は気づいている自分の性格
  3. 秘密の窓=自分は気づいているが、他人は気づいていない自分の性格
  4. 未知の窓=自分も他人も気づいていない自分の性格

 

という感じです。

ジョハリの窓を使った自己分析のやり方は調べればいくらでも出てきますので、ここでは割愛させて頂きます)

 

 

 ストレスフリーになれるジョハリの窓の開き方

人間関係にストレスを抱えている人の多くは、2と3が大きく、1が小さいタイプです。

人間関係のストレスを減らすには、2と3の領域を狭め、1の領域を大きくしましょう。

そのためには具体的に、

  • 他人の意見にもよく耳を傾けるようにする。独りよがりにならない。
  • 自分にとって都合の悪いことでもあえて自己開示する。いわば「ぶっちゃける」

ということを意識してやっていけばいいのではないでしょうか。

 

 

「ぶっちゃける」ことの効果

人は自分に対して弱点をさらけ出してくれた相手に心を開く性質があります。

これは「自己開示の法則」と呼ばれるものです。

自分が先に自己開示をした場合は、「お返しをしなければならない」と思う返報性の法則が働いて、相手も自分に内面の弱い部分を見せてくれますので、確実に親近感は深まります。

他人とのコミュニケーションを円滑にし、ストレスフリーに生きるために、自分から先に「ぶっちゃける」ということを覚えておいてください。

 

 

参考文献