LIFE LOG(とまログ)

とま's SELECT

20歳ガジェット好きのとまが偏愛アイテムを紹介していくよ!

私が「自分を変えたい!」と思ってやったこと①

スポンサーリンク

f:id:books-review21:20180802194153j:plain

私の人生の転機は高校3年生の文化祭だったと記憶しています。

 

文化祭の出し物で手品カフェ?みたいなことをやっているクラスがあって、当時付き合っていた彼女とそこに遊びに行ったんですね。

そこに、私があまりよく思っていなかったウェイ系の男子がいて、その彼は一人でババ抜き対決のコーナーをやっていたんです。当時テレビでたまに見かけていたメンタリストDaiGoさんの再現みたいなことをやっていたんだと思います。

彼女はそれに興味をもって、私たち二人は彼とババ抜きで対決をすることになりました。結果は惨敗。私は当時から勝負事には勝ちたい性格で、プライドが高かったものですから、その日は丸一日不機嫌で、彼女には本当に迷惑をかけたなあと反省してます。

 

ですが、それがきっかけとなって私は心理学に興味を持ち、DaiGoさんについて調べ始めました。一体どういう仕掛けを使って彼が私の心を読んだのだろうということが気になって仕方なかったんです。

調べていくうちにDaiGoさんがニコニコ動画で心理学について解説するチャンネルをやっていることを知り、私はそれに飛びつきました。別にそのチャンネルを見てババ抜きができるようになったとかそういうことは特にありませんでしたが、DaiGoさんの話を聞いて、心理学の知識であったり、本を読むことの素晴らしさであったりとか、私は何となく物足りないと思っていた自分の人生を変えてくれる可能性を感じたんです。

 

高校3年生と言えば受験生ですから、今思えば何やってんだと思いますが、私はもうその時そんなことは割とどうでもよくて、受験勉強そっちの気でいろいろなジャンルの本を読み漁っていました。もっとしっかり勉強していればもっといい大学に行けただろうに・・・と思うことがないと言えば嘘になりますが、その時に始めた読書が今の自分の価値観をつくるのに大きな役割を果たしてくれたのは間違いないと思います。

 

それから大学に入学して、当時、遠距離恋愛をしていた彼女と別れたり、初めて経験したバイトが上手くいかなかったり、大学で好きになった子に振られたり色々ありましたが、そういう挫折体験がその都度「自分を変えたい!」と強く望んで行動を起こすためのモチベーションになっていたなと思います。

 

大学に入ってからは多くのことにチャレンジして、本当に色々なことがありましたし、結果として、本当に自分は変われたのかは正直わかりませんし、まだまだ成功への途上であることは重々承知しておりますが、その為の行動を起こしたということは間違いないので、次回は具体的に自分が大学に入ってからどういうことをしていたのかを書いていきたいと思います。