LIFE LOG(とまログ)

とま's SELECT

20歳ガジェット好きのとまが偏愛アイテムを紹介していくよ!

日常に溢れる思い込みについて知っておこう

スポンサーリンク

f:id:books-review21:20180910224346j:plain

直感は9割当たる

一説によると、人間の直感は90%正しいと言われています。

 

「なんとな~くこんな気がするな」ってやつは9割当たるんですね。

直感が当たる一例として、「結婚」についてみてみましょう。

アメリカで行われたある研究によると、一目惚れがきっかけで付き合い始めた男女の約半分は結婚し、その後の離婚率は男性は20%、女性は10%であるそうです。(アメリカの平均的な離婚率は約50%)

また、一目惚れで結婚したカップルの方が結婚生活への満足度が高いということもわかっています。

こんな感じで、人間がぱっと見で感じる直感ってのはかなり精度が高いのです。

 

思い込みは直感を鈍らせる

人間の直感がいかに優れているかの話はこれくらいにしておいて、ここからが本題です。

9割正しいと言われている直感ですが、その直感は思い込み(偏見=バイアス)によって精度が格段に下がってしまうと言われています。(以後、思い込みのことをバイアスと表記していきます)

よくあるやつだと、「茶髪の人はいい加減だ」とか「A型の人はみんな几帳面」とかってやつですね。

こういったバイアスによって間違った判断を避けるためには、「よくあるバイアスのパターンについて知っておく」という方法が有効です。

よくあるバイアスとして、

 

 

といったものがあります。

 

確証バイアス

ある事柄を裏付けるために自分にとって都合の良い情報ばかり集めようとしてしまう心理のことです。

よく恋愛において相手のことを好きになると、相手の嫌なところが全く見えず、良いところばかりが目に行くことがありますよね。あれが確証バイアスです(笑)

一度相手のことを嫌な奴だと思うと、相手が何をしても鼻につくみたいに思った経験は誰しもあると思いますが、あれなんかも確証バイアスですね。

 

自己奉仕バイアス

簡単に言えば、「成功したら自分の手柄、失敗したら周りのせい」と考えてしまう心理のことです。

「あいつが上手くいったのは運が良かったから。自分が上手くいったのは自分には才能があって努力が報われたから。」

「今回のミスは忙しくて疲れてたから仕方がないんだ。」

みたいな感じで、セルフイメージを守るためにこのバイアスは働きます。

真面目な人とかプライドが高い人が陥りやすそうな印象ですね~。

 

正常性バイアス

「自分だけは大丈夫。」「自分だけは例外」と思い込んで、物事の異常に気付かない心理のことです。

オレオレ詐欺にひっかかる人は、この正常性バイアスによって間違った判断をしてしまったんですね。

他にも、「この手の商品は怪しいものが多いけど、この情報商材だけは大丈夫だろう」と考えて役に立たないものをつかまされたりしてしまうのもこのバイアスのせいです。

 

後知恵バイアス

物事が起きた後で、その物事が初めから予測可能だったと考える心理のことです。

「こうなるって初めからわかってたんだよねー!」

とかよく聞きますよね。

失敗したことの言い訳によく使われるバイアスです。

 

内集団バイアス(内集団びいき)

「 自分が所属してる集団は優秀!正しいのだ!」と考えてしまう心理のことです。

 

多数派同調バイアス

みんなが言ってること、みんながやってることは正しいと考えてしまう心理のことです。

電車で「自分の前に立っているご老人に席を譲りたいけど、みんな譲らないから別にいいや」とかってやつですね。

 

リスキーシフト

みんなが大丈夫だと言っているから気が大きくなって、より極端でリスクの高い行動をしてしまう心理のことです。

赤信号みんなで渡れば怖くない

ってやつですね。

 

持続性バイアス

「今の自分の感情はずっと続く」と考えてしまう心理のことです。

何か大きな決断をしようとするとき、

「もし失敗したら自分の感情が傷つくんじゃないか。立ち直れないんじゃないか。その傷を一生引きずるんじゃないか」

というように人は考えます。

多くの人が失敗を恐れて行動できないのは、失敗した時のダメージを過剰に見積もってしまうからです。

心の傷の多くは時間が経てばほとんど癒えます。

思い切って一歩が踏み出せないというときは、この持続性バイアスが働いているのではないかと自分に問いかけてみてはいかがでしょう。

 

保守性バイアス

今までの自分のやり方や考え方に固執して、新しい価値観やものの見方を否定したり評価しなかったりする心理のことです。

古くからの伝統や価値観を重んじるのは大切ですが、これからの時代では時に組織を破滅に導くバイアスかもしれませんな。

何歳になっても変化を受け入れられるだけの柔軟さを持ち続けていたいものです。

 

 

 

以上です。前述しましたが、こういったよくあるバイアスについて知っているだけでも間違った判断を避けられる確率は激増しますので、これは自分によくあてはまるなーってやつは覚えておくことをお勧めします。