LIFE LOG(とまログ)

とま's SELECT

20歳ガジェット好きのとまが偏愛アイテムを紹介していくよ!

「自分を変えるにはまず友達から変えろ」の心理学

スポンサーリンク

f:id:books-review21:20180920222733j:plain

友人を変え、自分も変える方法

自分を変えたい!と願う方は多いのではないかと思います。

 

自己啓発系の本の中でも、数多くの自分を変える方法が紹介されていると思いますが、その中でも特に手っ取り早いのが「友人を変える」という方法なのではないかと私は思っています。

 

というわけで、今回は「友人を変え、自分をも変える方法」をさらっと解説していきます。

 

肥満は感染する

まず知っておいてほしいのがこれですね。

人って不思議なもので、友人が肥満になると自分も太りやすくなるらしいんですよ(笑)

これは、ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校のジェームズ・フォーラー教授の共同研究で明らかにされたことで、なんと、肥満や飲酒や喫煙などの習慣が家族や友人の中で感染するようです。

恐ろしいことに、自分の友人が肥満になった場合、自分も肥満になる確率が約1.71倍高くなるそうです。

これは、周囲の人が自分にいかに影響を与えるかを如実に表している研究で、これから学べることは、ポジティブな人に囲まれれば自然とポジティブになっていくし、当然、その逆もあるということです。

いやー、友人選びって大事なんですね(笑)

ちょっとくらい前向き過ぎる人と仲良くしたほうが、自分も前向きになれるかもしれませんね。

 

まずはこいつと友達になれ!

「具体的に友人を変えるにはどうしたらいいの?」という方に向けて、とりま付き合っておくべき人はどういう人なのかということを解説していきます。

私も友達作りは昔から苦手でして、こんな私でも出来た方法をご紹介いたします。

とりま付き合っておくべき人の特徴は一つです。

それは、「常に周りに人がいる人」ですね。

つまり、人気者に声をかけろということですね(笑)

「えーそんなことかよ!!」と思う方もいるかもしれませんが、これは効果絶大です。

 

常に周りにいる人って、大体の場合、凄く人懐っこい人が多いんですよ。だから、常に人に囲まれているんですね。なので、当然、友達になるハードルも低くなります。まずはこういう人と仲良くなっておくことによって、その人を通じて多くの人脈を手に入れることができます。「勝ち馬には乗れ」ってことです。

 

私自身、大学の新歓の時期にろくにサークルを見て回らず、どこにも入らなかった結果、入学当初は全く友人ができず困り果てましたが、この方法を試してみて、今では結構な数の友人がいますよ。

話しかけてみて違うなって思ったらまた他に当たってみればいいし、気楽にやってみてください。大体、一つのグループに最低でも一人はそういうやつっているので。

 

 

友達は性格を映し出す鏡

外見の変化は鏡を見れば一目瞭然です。しかし、性格の変化に自分で気づくのは困難ですよね。

性格は鏡には映りません。新しい行動を繰り返し、性格を変化させる努力をしたとしても、その変化をを鏡で見ることはできません。そこで、性格を映す鏡の代わりになるのが友人です。「友人がどう変わったか」で性格の変化がわかり、成長の度合いがわかるわけです。

 出典:ポジティブ・チェンジ

 

自分が成長すれば、付き合う人も自ずと変わってきますからねえ・・・。

古い友人も大切ですが、若いうちは自分の成長のために色んな人と関わっていくことが大切なんじゃないかと思う次第です。

 

参考文献