LIFE LOG(とまログ)

とま's SELECT

20歳ガジェット好きのとまが偏愛アイテムを紹介していくよ!

その他大勢から抜け出して自分らしさを発揮するには #2

スポンサーリンク

f:id:books-review21:20180923095250j:plain

 

パート2ということで、具体的な方法論にフォーカスしていきます!

今回は「正しく自分の強みを生かす方法」について考察していこうと思います。

 

 自分の強みを把握する

まずは、自分の強みを知りましょう!

「強みなんてねえよ!」と思われる方もいられるかもしれないので、自分の強みを知る簡単な方法を解説します。

誰しも必ず長所はあります。それに気づくことができないのは、自分を客観的に見る能力が足りないだけなんです。

なので、まずはおすすめの方法としては、

 

・ストレートに自分の一番親しい人に自分の長所は何かと聞く

・過去に自分が褒められたこと、驚かれたことを元に、自分の長所を探す

 

がありますので、まずはこの2つを実践していただければと思います。

 

 

自分の強みを知ってもらう

 強みを把握したら、今度はそれをみんなに知ってもらいましょう。

こういう時は、自分を表す3つの言葉を用意する、という方法が効果的です。一つでは相手の興味に引っ掛かりにくいので、出来れば3つ以上用意しとくといいと思います。僕の場合、本とテニスと心理学ですが、「1日一冊は本を読むようにしています」と自己紹介などで言うと、社会人が月に読む本は平均3冊ですから、かなり驚かれます。

 

 

 強みを生かして貢献する

心理学者のネック・ウェインスタインとリチャード・ライアンによると、人助けをしたときに楽しく有意義だと感じた場合だけ、気力が回復することがわかっています。

自分の強みを知り、それをみんなに知ってもらったら、実際にその強みを生かして誰かに貢献してみましょう。自分の得意なことなら、人はいくらでも頑張れるものです。逆に、好きでもなければ得意でもないことは、義務感からこなすだけで、全力で取り組むことは難しいですよね。

お金が欲しいからやるだけのアルバイトなんてその最たるものなんじゃないかと。